ひらつか市民スポーツフェスティバルについて

 
公益財団法人 平塚市まちづくり財団
    リンク   サイトマップ
 
   
文字サイズ 小中大
 
  ひらつか市民スポーツフェスティバル  
     
 

  市民のスポーツ・レクレーション活動への参加意識を喚起し、生涯にわたる健康・体力づくりを推進する機会を提供することで、明るいまちづくりを目的に開催します。




「ギネス・平塚記録に挑戦」で新記録を認定
第5回ひらつか市民スポーツフェスティバル(平成30年3月25日、平塚総合公園)で開催した「ギネス・平塚記録に挑戦」で新記録を認定しました。
次回の「ギネス・平塚記録に挑戦」は、第6回ひらつか市民スポーツフェスティバル(平成31年3月24日、平塚総合公園)で開催します。

○湘南ダンゴールサッカーパスチャレンジ
Shonan Dan Goal Most foot ball passes in one minute by triple

  1分間に3人で何回サッカーパスをするかを競う。
  ・記録  83回
  ・認定者 伊藤雄太、今村鴻之助、大野波留


○湘南ひらつか七夕アロハランドリーチャレンジ
Hiratsuka Tanabata Aloha Fastest times to hang up three alohas

  3着の七夕アロハを物干しに干し終えたタイムを競う。
  ・記録  47秒
  ・認定者 鈴木聡司


○東海道平塚宿飛脚ステップチャレンジ
Tokaido Hiratsuka Inn Most aerobics step ups in one mimute

  1分間に踏み台を前後何回上がり下がりするか競う。
  ・記録  32回
  ・認定者 山田峻






第5回 ひらつか市民スポーツフェスティバル
野外ステージで、「ギネス・平塚記録に挑戦」イベントも開催します。

3
25日(日)、平塚市総合公園の全施設を使用して、「第5回ひらつか市民スポーツフェスティバル」を開催します。このイベントは、平塚市内のスポーツ5団体と当財団が共催し、リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト高藤直寿選手とロンドンオリンピック柔道銀メダリスト中矢力選手の柔道体験教室など、各会場でさまざまなスポーツ教室が皆さんをお待ちします。ぜひ、ご参加ください。

▼画像クリックでチラシをダウンロード(PDF)▼




  PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
左のリンクからダウンロードできます(無料)


期  日 平成30年3月25日(日)
会  場 平塚市総合公園
主  催 ひらつか市民スポーツフェスティバル実行委員会
共  催 平塚市スポーツ5団体、
公益財団法人平塚市まちづくり財団
事業内容 
  1. 「ギネス・平塚記録に挑戦」の開催
     スポーツフェスティバル会場で、より効果の高まるフェスティバルとするため、「ギネス・平塚記録に挑戦」を開催し、上位者(1〜3位)に記念品、記録が更新されたときには認定書を贈呈する。
    認定種目
    ・湘南ひらつか七夕アロハランドリーチャレンジ
    ・囲碁ボールパッティングチャレンジ
    ・湘南ダンゴールサッカーパスチャレンジ
    ・東海道平塚宿飛脚ステップチャレンジ
  2. 「スポーツ写真コンクールinひらつか2017」の開催
      スポーツフェスティバル事業の一環として、昨年に引き続き平塚市内でのスポーツイベント等で撮影した写真作品を募集し、紹介することにより、地域住民のスポーツ・レクリエーション活動や健康・体力づくりの機会を促し健康で明るいまちづくりを進めることを目的とする。
    ・募集期間 平成29年8月1日(火)〜10月31日(火)
    ・賞 最優秀賞1点、優秀賞1点、入賞3点
    ・審査会 12月中旬(予定)
    ・表彰式 平成30年3月25日(日)、第5回ひらつか市民スポーツフェスティバル開会式会場
  3. スポーツ教室等の開催 (参加団体及び使用会場は今後調整)
  4. トップアスリートによるパフォーマンス
    ・ひらつかドリームスポーツ教室
     柔道教室(講師等は今後調整)
    ・スポーツアスリートによるスポーツ教室
     (講師等は今後調整)
  5. クレヨンラリーの実施
  6. フェスティバルのラジオ中継
     ナパサによるラジオ中継。放送時間は9時から15時まで。開会式各会場でのイベント紹介、閉会式、関係者の番組出演などで構成する。
  7. フェスティバル出店者(有料)を募集
      会場内を盛り上げたり、スポーツ情報等を提供したりするための出店者を募集する。
  8. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会競技種目体験教室(同時開催事業・まちづくり財団予算)
     オリンピック・パラリンピック開催に向け、「スポーツ文化」として発展してきているパラリンピックを紹介し、種目体験できる教室を開催する。
    ・講演
      演題 私の生きがい〜車椅子バスケットボールを通して得たもの〜
    講師 三宅克己(元車椅子バスケットボール日本代表
    ・教室(予定)
    車椅子バスケットボール、ボッチャ、シッティングバレーボール、ゴールボール
    ・HAND SIGN手話ダンスライブ








スポーツ写真コンクールinひらつか2017 入賞作品が決まりました
ひらつか市民スポーツフェスティバル実行委員会(田中國義実行委員長)が、フェスティバル事業の一環として、「スポーツを楽しもう。スポーツで健康になろう。スポーツでふれあおう」をテーマに募集したスポーツ写真コンクールinひらつか2017の入賞作品8点が決まりました。
入賞作品は、第5回ひらつか市民スポーツフェスティバルの事前PRとして使用するほか、開催当日の開会式で表彰し、作品を会場に展示します。


入賞作品

<最優秀賞>
「ビーチバレーを楽しむ」苅田浩一さん(平塚市在住)



<優秀賞>
「いちばーん!」柏木真帆子さん(平塚市在住)


<優秀賞>
「レイアップ」福山千裕さん(平塚市在学)


<入賞>
「金田剣友会奉納試合」豊島久さん(平塚市在住)


「バックシュート」谷口誠さん(平塚市在住)


「勝負はおれにまかせろ」岩本昇さん(平塚市在勤)


「パラリンピックへ」増田彩希さん(平塚市在学)


「ねばれ」下鵜瀬七帆さん(平塚市在学)




応募作品数 66点
審査員 平塚写真連盟常任理事以下3人(審査委員長 加藤利雄)
表彰式 ・日時 平成30年3月25日 (日) 午前9時
・会場 平塚市総合公園野外ステージ(第5回ひらつか市民スポーツフェスティバル開会式会場)
入賞作品の展示 ・平成30年3月19日(月)〜23日(金)(予定)
平塚市役所 本館1階 多目的スペース
・平成30年3月25日 (日)
第5回ひらつか市民スポーツフェスティバル会場


審査講評

 今回は、いつもカメラを置いてじっくり狙った作品、偶然出会った瞬間を写した作品、写真を撮るのが楽しくてしょうがないといった作品の中で、撮影者の気持ちの高まりが見えてくる作品が多く、また、学生さんの応募が多かったことも特色となりました。
 撮影者の気持ちの高まりといった要素は、写真撮影にとって一番大切な部分で、腕の見せ所でもあると思います。現在は、カメラの性能が良くなっていますので、何でも撮れてしまいますが、被写体の何に感動し撮影したかという姿勢が大切ではないかと思います。
 最優秀となった作品はビーチバレー会場として人気の高い平塚のビーチパークを舞台に、ビーチバレーのボールを追うプレーヤー全員の集中力を見事なシャッターチャンスとされたことを評価いたしました。
 次回のコンテストには、今回以上に多くの方が素晴らしい写真を御応募していただくよう願っています。

審査委員長 加藤利雄

 

▼画像クリックでチラシをダウンロード(PDF)▼
スポーツ写真コンクール2017

  PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
左のリンクからダウンロードできます(無料)



第4回 ひらつか市民スポーツフェスティバル

2017年3月26日(日)に、第4回ひらつか市民スポーツフェスティバルが開催されました。

<当日配布チラシ>
▼画像クリックでチラシをダウンロード(PDF)▼
スポーツ写真コンクール2016


▼画像クリックでチラシをダウンロード(PDF)▼
スポーツ写真コンクール2016

  PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
左のリンクからダウンロードできます(無料)



スポーツ写真コンクールinひらつか2016 入賞作品が決まりました
ひらつか市民スポーツフェスティバル実行委員会(田中國義実行委員長)が、フェスティバル事業の一環として、「スポーツを楽しもう。スポーツで健康になろう。スポーツでふれあおう」をテーマに募集したスポーツ写真コンクールinひらつか2016の入賞作品5点が決まりました。
入賞作品は、第4回ひらつか市民スポーツフェスティバルの事前PRとして使用するほか、開催当日の開会式で表彰し、作品を会場に展示します。


入賞作品

<最優秀賞>
「ラグビーに夢中」氏家勝男さん(平塚市在住)



<優秀賞>
「クロスプレー セーフ?アウト?」苅田浩一さん(平塚市在住)


<入賞>
「ビーチサッカー」渡辺昭夫さん(平塚市在住)


「誇りをかけて」中野栞さん(平塚市在学)


「果敢に攻撃」黒部敏夫さん(平塚市在住)



応募作品数 51点
審査員 平塚写真連盟常任理事以下3名
表彰式 ・日時 平成29年3月26日 (日) 午前9時
・会場 平塚市総合公園野外ステージ
 (第4回ひらつか市民スポーツフェスティバル開会式会場)
入賞作品の展示 ・平成29年3月16日(木)〜24日(金)
 平塚市役所本館1階多目的ホール
・平成29年3月26日 (日)
 第4回ひらつか市民スポーツフェスティバル会場


審査講評

「スポーツを楽しもう。スポーツで健康になろう。スポーツでふれあおう」を合言葉に開催しているひらつか市民スポーツフェスティバルと同じテーマで、今年度初めて「写真コンクールひらつかin2016」の作品を募集しました。
今回は幅広い年齢層の方々からいろいろなスポーツ場面でのご応募をいただきました。いずれの応募作品もスポーツの素晴らしさを表現し、撮影者の個性があふれていましたが、今少しテーマ性、独創性があればといった僅差が結果となりました
写真は一瞬を表現するところに魅力がありますが、スポーツはまさにその特徴を100%活かすことのできる被写体です。受賞作品の多くは、その瞬間を感動的にとらえ、また構図やバランスに無駄がなく撮影者の意図が伝わってくる印象を受けました。
最優秀賞となった作品は、子どもの真剣なプレーを中心にラグビーの楽しさが伝わるアングルの良さを評価しました。
次回のスポーツ写真コンテストには、今回以上に多くの方々が素晴らしい作品を応募していただくよう願っています。

審査委員長 加藤利雄

 

▼画像クリックでチラシをダウンロード(PDF)▼
スポーツ写真コンクール2016

  PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
左のリンクからダウンロードできます(無料)

このページの一番上に戻る

 
お問い合わせ先 スポーツ事業課

トップページに戻る

コンサート&チケット
 
囲碁文化振興事業
 
スポーツ教室
 
駐車場・駐輪場・レンタサイクル